Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozawand.blog86.fc2.com/tb.php/26-bc3d91d0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

マグネシウム

この記事をクリップ!
Buzzurlにブックマーク


●マグネシウムの働き

1.エネルギーの生産
2.神経信号の伝達、筋肉の収縮と弛緩、心拍数のコントロール、DNAとたんぱく質の合成、骨、細胞膜、染色体といった構造の一部にも使われています。
3.体を酸化から守ってくれる抗酸化物質その中でも最も抗酸化力の強いグルタチオンの生成に必要なミネラルです。


●マグネシウムの供給源は?

1.緑色の強い野菜、ほうれん草、ケール、ブロッコリーなどや、玄米、全粒粉、アーモンド、ヘーゼルナッツなど
2.ミネラルウォーター特に硬度の高いもの


●マグネシウムが不足すると

1.最初のサインは疲労、頭痛、筋肉の引きつりなど
2.進行すると高血圧、鬱、不安症、イライラ、不眠、人格の変化、混乱、過呼吸、胸の痛み、痙攣、食欲の低下、吐き気などを引き起こします。


●マグネシウムの過剰摂取では

下痢、倦怠、混乱、低血圧、心拍数の乱れ、心肺停止、呼吸困難、腎臓機能の低下を招きます。主に、サプリメントの過剰摂取によるものなので、食事から摂ったマグネシウムがこのような症状を引き起こす事はありません。野菜、玄米、ナッツ類にアレルギーの無い方であれば安心して沢山食べても大丈夫です。


●マグネシウムの治療用途

1.筋肉をリラックスさせてくれる事から、アメリカでは筋肉痛や慢性のコリ、便秘、高血圧、偏頭痛、喘息の改善に使用されることもあります。
2.エネルギーの生産に必要な事から慢性疲労にも非常に有効です。
3.腎臓結石、骨粗鬆症、PMS, 頻尿、糖尿病、妊娠中の様々な合併症にも使用されています。


●マグネシウムの注意点

マグネシウムのサプリメントを摂るときは一日当たり500mgを目安に、数回に分けてとるようにしてください。マグネシウム不足の症状改善には時間がかかりますので数ヶ月続けて摂る事が重要です。








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozawand.blog86.fc2.com/tb.php/26-bc3d91d0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターサプリUSA

Author:ドクターサプリUSA
サプリメント先進国アメリカから、健康に関する情報をお届けします!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。