Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozawand.blog86.fc2.com/tb.php/27-fd74e9b0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

鉄分

この記事をクリップ!
Buzzurlにブックマーク


●鉄分の働き

1. 赤血球のヘモグロビンの一部として酸素の貯蔵と運搬をすること。
2. 細胞内でのエネルギー源ATPの生産で重要な働きをしています。
3. 体にとって有害な活性酸素のひとつ過酸化水素を、
  無害な水と酸素に変換する抗酸化物質にも使われます。
4. DNAの生成にも補酵素として必要です。
5. その他、多くの酵素が鉄分を必要としています。

 神経伝達物質チロシンの合成
 アミノ酸の代謝
 脂肪の代謝にとって重要なカルニチンの合成
 お肌や関節にとって重要なコラーゲンの生成
 ビタミンAの体内での合成
 ホルモンの合成や代謝など

●鉄分の摂取量は?

摂取勧告量は年齢と性別によって異なりますが、
それは女性の月経や妊娠による影響です。

<女性の場合>
14-18歳で一日当たり15mg
19-50歳では18mg
51歳以上(閉経後)では8mg
妊娠中では27mg

<男性の場合>
14-18歳で一日当たり11mg
19歳以上8mg

一般的に男性は鉄分を取り過ぎ、女性は鉄分が不足しがちです。

●鉄分の供給源は?

食品からの鉄分の摂取は大きく分けて、
動物性食品から得られるヘム鉄と、
野菜や乳製品、卵から得られる非ヘム鉄の二つ。

<ヘム鉄の供給源は?>

牛肉、レバー、牡蠣、アサリ、マグロなど

<非ヘム鉄を多く含む食品は?>

シリアル、大豆、豆類、オート麦、ほうれん草、レーズン等
但し、マメ科植物、穀物やお米に含まれるフィチン酸、フルーツ、
野菜、コーヒー、お茶、ワイン、スパイスに含まれるポリフェノール、
また大豆タンパクは非ヘム鉄の吸収を阻害します。

●鉄分が不足すると

疲労、心拍数の上昇、動悸、息切れ、冷え性等の症状が現れますが、
これ以外にも鉄分不足で脱毛、生理痛の悪化、知覚能力の低減、
うつなどの精神障害、白血球の減少と免疫力の低下、
不妊、足ムズムズ症候群(レストレスレッグ症候群)、
妊娠障害(低体重児出産、早産、妊娠死亡率の上昇)、
子供の知能発達障害、行動障害など多くの症状。

●鉄分の過剰摂取では

1. 体重1キロ当たり20-60mgの鉄分を摂ると
  急性毒性により死亡することもありますので、非常に危険です。
2. 慢性的な過剰摂取は肝臓、心臓、関節や神経への障害

●鉄分の注意点

1. 14歳以下子供では一日あたりの上限40mg、
  14歳以上では上限45mgまでと決まっております。
2. 鉄剤を摂ると便秘になる方がいますが、
  それは吸収できなかった余分の鉄剤によるもの。
  解消するには吸収力の高い二価鉄ビスグリシル酸塩、
  または植物原料の鉄剤を試されるとよいでしょう。
3. 鉄剤を摂ると胃腸が荒れる、もしくは吐き気を催す方がいますが、
  その場合は植物性の鉄剤がおススメです。
4. 鉄剤のサプリメントを試されたい方は、医師のもとで体内に
  どれだけ鉄分が貯蓄されているかを測る検査(血中フェリチン値)で
  確認しください。
5. 貧血イコール鉄分不足ではありません。
  貧血は他の栄養素の不足や他の疾患でも起こりますから、
  自己診断のみでの鉄剤の摂取は絶対に避けてください。








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozawand.blog86.fc2.com/tb.php/27-fd74e9b0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターサプリUSA

Author:ドクターサプリUSA
サプリメント先進国アメリカから、健康に関する情報をお届けします!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。