Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozawand.blog86.fc2.com/tb.php/40-cc8e071d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ビタミンB2(リボフラビン)

この記事をクリップ!
Buzzurlにブックマーク
●ビタミンB2(リボフラビン)の働き

体内で色々な反応を助ける補酵素の一部として使われる。
大きな働きの1つに

「抗酸化物質グルタチオンの再活性化」

というものがあります。
グルタチオンとは、「体の防御システム」です。
体の中で発生した

①活性酸素
②公害物質
③食品添加物
④農薬
⑤薬

などの化学物質から発生するフリーラジカルを
完全無毒化にするのに必要なシステムです。

フリーラジカルとは、

①DNAやミトコンドリアを傷つけ老化を加速する。
②癌をはじめとするさまざまな病気の原因。

グルタチオンは、フリーラジカルを無毒化すると活性を失いますが
ビタミンB2により再生します。

その他の働きとして、ビタミンBのB6、ナイアシン、葉酸の活性化。

●ビタミンB2(リボフラビン)の供給源は?

幅広く多くの食品に含まれますが

牛乳

鶏肉
牛肉
レバー

葉野菜
フルーツ
根野菜

に特に多く含まれます。

●ビタミンB2の一日当たり摂取勧告量は?

男性1.3㎎(牛乳約4杯)
成人女性1.1㎎
但し、成長期、病気や怪我からの回復期、授乳中、
大きなやけどや手術後、高たんぱく食の方は
ビタミンB2の要求が増えるので
より多く摂取する必要があります。

●ビタミンB2(リボフラビン)が不足すると?

幅広くの食品に含まれることから、通常不足することはないですが

1.牛乳を飲むと下痢をする方(乳糖不耐症)
2.慢性的に下痢気味の方
3.腸炎
4.癌患者
5.光線治療を受けている方(特に黄疸治療の新生児)

には欠乏することも起こります。

また処方薬(抗精神病薬、抗うつ剤、抗マラリア剤、抗がん剤)は
ビタミンB2の活性を阻害してしまうことで
ビタミンB2欠乏症の症状を引き起こすこともあります。
ビタミンB2が不足すると、

1.のどの痛み
2.喉や口内の赤味と腫れ
3.舌の炎症
4.口角炎
5.口角の荒れ
6.脂漏性皮膚炎
7.角膜への血管の増殖

など。

●ビタミンB2(リボフラビン)の過剰摂取では?

摂りすぎによる毒性はありません。
サプリメントを摂った後にオシッコが黄色くなる正体は
ビタミンB2によるものです。

●ビタミンB2を利用した治療とは?

1.脂漏性皮膚炎
2.口角炎
3.偏頭痛の予防

●ビタミンB2(リボフラビン)の注意点

光に弱い特性があり、牛乳なら透明な透明な容器の場合、
2時間ほど光に当たるだけで50%のビタミンB2が
壊れてしまいますので注意してください。












この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozawand.blog86.fc2.com/tb.php/40-cc8e071d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターサプリUSA

Author:ドクターサプリUSA
サプリメント先進国アメリカから、健康に関する情報をお届けします!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。