Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozawand.blog86.fc2.com/tb.php/49-7b0da5f1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ビタミンE

この記事をクリップ!
Buzzurlにブックマーク

ビタミンEは「安全性」と「危険性」が
注目を浴びているビタミンです。

●ビタミンEの正式名称は?
「トコフェロール」と「トコトリエノール」と呼ばれ、
それぞれにアルファ、ベータ、ガンマ、デルタの4つの亜種がある。

●ビタミンEを区分けすると?
1.食品からの摂取
2.天然型サプリ
3.合成型サプリ

●どの種類が最も活性が高いの?
トコフェロールよりもトコトリエノール、
そしてアルファ型が、最も活性が高いことが知られています。
アルファ-トコフェロールは特に、
脂肪やコレステロールの酸化を防ぎます。
この他にアルファトコフェロールは
エネルギーの生産、白血球の免疫機能、
神経、筋肉、目の発達、生殖機能の働きに必要。

●最近の研究結果は?
1.ビタミンEのサプリメントを、1日当たり400IU(267mg)以上、
長期間摂取したグループは、摂取しなかったグループより
死亡率が高かった。
但し、この研究対象は高齢者で、持病がある方が多かったこと。
死亡原因を特定していない400IU(276mg)以下の摂取では
死亡率に低下が見れた。

2.喫煙者に限り、血中ビタミンE濃度が低いグループでは
血中濃度が高いグループよりも、死亡率が高かった。
この研究では、ビタミンEを食品から摂取している人が
殆どというのも特徴。

3.自然界に僅かにしか存在しないトコトリエノールには
コレステロールの生産を止め、
血中コレステロール濃度を下げる働きや、
ガンの成長や分裂を抑止する働きがあると、わかりました。

●ビタミンEの働き
1.血小板の凝結を止める。
2.ビタミンA、セレニウムの働きを高めたり、
鉄分の過剰摂取による障害を軽減する。

●ビタミンEの治療への有効性は?
間欠跛行(運動時に起こる足の痛み)
生理前症候群
更年期障害
生理痛
癲癇
肝炎
リューマチ
高血圧

●ビタミンEの供給源は?
アルファ-トコフェロールの含有量が多いのは、
アーモンド、ヘーゼルナッツ、ピーナッツ、アボカド、
ヒマワリの種油、紅花油、カノーラ油など。

ガンマ-トコフェロールを多く含む食品は、
大豆油、コーン油、胡麻油、菜種油など。

トコトリエノールは、ヤシ油、その他には米胚芽油、
小麦胚芽、オート麦、ノコギリ椰子など。

●ビタミンEの過剰摂取では
高用量とっても、特別な毒性が認められていません。
しかし長期に渡り、高用量のビタミンEサプリメントを摂取すると
ビタミンKの働きを阻害して、出血の危険性増やします。

●ビタミンEの注意点
種類が多くそれぞれの相関的な働きが良く理解されていないこと。
食品、天然型サプリメント、合成型サプリメントによって
含有率が違うなどが安全性について
コンフリクトした結果がでているものと思われますから
食品からの摂取が勧められます。
植物油に多く含まれますが、熱に弱いので加熱することで
壊れてしまいます。
良質の油やナッツ、種子から摂るようにすると良いでしょう。









関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozawand.blog86.fc2.com/tb.php/49-7b0da5f1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターサプリUSA

Author:ドクターサプリUSA
サプリメント先進国アメリカから、健康に関する情報をお届けします!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。