Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozawand.blog86.fc2.com/tb.php/57-cfa3b945

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ステーキを食べると前立腺ガンにかかりやすくなる

この記事をクリップ!
Buzzurlにブックマーク


ステーキ

2000人以上を対象にした研究によりますと、
高温で調理された牛肉や豚肉の赤身肉をよく食べる人ほど
前立腺がんを発症する危険性が高くなるそうです。

1週間に2.5回以上、高温で調理された赤身肉を食べる人は
全く食べない人と比べて40%

1.5回以上、高温で調理された赤身肉を食べる人は
全く食べない人と比べて30%

も高い確率で、前立腺がんを発症していることが
わかったのです。

今回の研究で興味深いのは、
高温で料理されたこと、特にフライパンで肉を焼くと
前立腺ガンの発ガン率が上がること。
同じ研究所の行った研究では、魚や鶏肉でもフライパンで焼くのと
他の調理法に比べて、前立腺ガンの発ガン率が上がるそうです。

正確なメカニズムは解明されていないようですが
高温で調理することによって
発がん性物質の複素環アミンと
多環式芳香族炭化水素が
発生するからではないかと
研究者は推察しています。

肉を加熱しすぎると

「高密度糖鎖形成最終生産物」

という物質も形成されてしまいます。

「高密度糖鎖形成最終生産物」とは、
血管にダメージを与え、
動脈硬化、脳梗塞、糖尿病の合併症の悪化などを
加速させます。
特に焼肉のタレ、照り焼き、バーベキューソースなどに含まれる糖分が
肉と一緒に加熱されると
「高密度糖鎖形成最終生産物」が大量に作られます。

焼肉のタレ、照り焼き、バーベキューソースといえば
万人に愛される味付け、調理方法ですが、
健康のためには料理の仕方も重要な要素ですね。


参考資料; 南カリフォルニア大学医学部スターン予防医学準教授によって実施され、Carcinogenesis. 2012年7月20日号に掲載





















関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozawand.blog86.fc2.com/tb.php/57-cfa3b945

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターサプリUSA

Author:ドクターサプリUSA
サプリメント先進国アメリカから、健康に関する情報をお届けします!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。