Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozawand.blog86.fc2.com/tb.php/61-2c86ee2a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【スルフォラファン】​ブロッコリーがガンを​予防する?

この記事をクリップ!
Buzzurlにブックマーク



t02200220_0334033412706381794[1]



「スルフォラファン」って、耳にしたことありますか?
この成分が発見されたのがほんの数年前ですから、
聞いたことがないという場合も多いかもしれません。

ほんの数年前に発見された「スルフォラファン」は、
アブラナ科の野菜に含まれる物質です。
アブラナ科の野菜とは、

ブロッコリー
カリフラワー
ケール

なのでとても身近な野菜ですね。


国立衛生研究所および、オレゴン州立大学環境衛生科学センターによってサポートされた研究では、

「アブラナ科の野菜の摂取量が多いとガン予防に効果がある。」

と発表しています。同じようにオレゴン州立大学のライナス・ポーリング研究所によっても
ブロッコリーおよび他のアブラナ科の野菜(カリフラワー、ケール、ラディッシュ)に含まれる

「スルフォラファンにはガンを予防するメカニズムが2つもある。」
と言っています。


ガンを予防するメカニズムを掘り下げていく前に予習です。
HDAC: ガンの発現を防ぐ遺伝子を邪魔する。


さて、本題です。
スルフォラファンの働き一つ目は、HDACの働きを抑制すること。
これを抑制することにより、結果的にがんの発現を防ぐというもので、この働きはすでにガンの研究者によって研究が進んでいます。
そして今回、オレゴン州立大学ライナス・ポーリング研究所のエミリー・ホー準教授により新しく発見された働きとは以下のようなものです。

【スルフォラファンはDNAのメチル化を調整する働きがある。】

これは「どういうことなのか?」というと、DNAのメチル化の調整とHDAC抑制機能はパートナーのように働き、お互いに連携しあっていますが、このバランスが崩れたときにガンになると言われています。

しかし通常、ガンは非常に複雑であり1つのものが原因とはいえませんが、スルフォラファンがガンに対して沢山の働きをすることは研究でどんどん明らかになってきています。
そして研究すればするほど、その有効性が明らかになるとホー準教授は言います。

またガンと同様に心疾患、免疫疾患、神経変性病および老化などでDNAのメチル化プロセスに異変が現れるのは、研究者にとって興味深いことなんだそうです。

そして、ホー準教授は、こうも言っています。

「重要な要素はバランスです。DNAのメチル化は自然なプロセスですが、適切にコントロールされた時は有用です。しかし、バランスが崩れた場合、災害を引き起こす場合があります。スルフォラファンは、そのバランスを回復させるのに有効なのです。」

この研究結果はJournal Clinical Epigeneticsの中で発表されています。
ここまでは、ちょっと専門的で難しかったですね(^^)


もう一つ、別の研究結果から
スルフォラファンの働きを検証してみましょう!

ジョンズ・ホプキンス大学で行われた研究では、抗がん遺伝子を活性化させるだけではなく、抗酸化物質を作り出す遺伝子を活性化させ「グルタチオン」の細胞内での生産を促すことも発見されたそうです。
ちなみにブロッコリーの「発芽種子」にブロッコリーの10~20倍のスルフォラファンが含まれることが分かっています。

ではグルタチオン働きによって得られる効果とは?


【強力な抗酸化】です。


通常、ビタミンCやビタミンEの抗酸化作用は摂取後すぐに途切れ持続効果がないのですが、スルフォラファンの抗酸化作用は遺伝子を活性化させることで、なんと!約3日持続するのも特徴だそうです。

その他に、スルフォラファンには「肝臓の解毒酵素を活性化させる」ことで以下のような作用があります。

1,体内に取り込まれた毒素、発がん物質の無毒化。
2,胃がんの原因となるピロリ菌への殺菌効果。
3,紫外線による皮膚や眼へのダメージを防御する。
4,肝臓がん、高血圧、心臓病の予防効果。

ブロッコリー、カリフラワー、ケール、ラディッシュを沢山食べることで、こんなに沢山の健康効果が得られるなんて驚きですね!あまり、注目されていなかったアブラナ科の野菜ですが「とても優等生だった。」というのが発見されたのですから、どんどん普段の食事に取り入れていきましょうか。




※この研究の行われたライナス・ポーリング研究所のライナス・ポーリング氏はアメリカの化学者で単独でノーベル賞を二度受賞した唯一の人物です。
参考資料; オレゴン州立大学のプレスリリース
http://oregonstate.edu/ua/ncs/archives/2012/feb/another-mechanism-discovered-which-sulforaphane-prevents-cancer






関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozawand.blog86.fc2.com/tb.php/61-2c86ee2a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターサプリUSA

Author:ドクターサプリUSA
サプリメント先進国アメリカから、健康に関する情報をお届けします!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。