Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozawand.blog86.fc2.com/tb.php/63-155e063d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

水銀の解毒と虫歯

この記事をクリップ!
Buzzurlにブックマーク



虫歯の治療に使われている「水銀」の解毒についてです。

水銀


日本では水銀の使用は、ずいぶん前に禁止されていますが、
昔は平気で使われていました。
水銀は加工がしやすいので虫歯の治療に最適だったのですが、
毒性が強いことが知られて使用が禁止になったんですよ。

歯と歯でこすりあったり、熱い飲み物をのむだけで
この水銀は蒸気となって体に吸収されていきます。
じわじわと長年時間をかけて染み出ることから、
その危険性は一般医療機関では特に注意が払われていません。
しかし、さまざまな疾患の原因にんなっていたのです。
特に神経系統、筋肉、免疫系等の疾患に強い関連性が疑われています。

では、虫歯の治療に使われている水銀を取り除くには
どうしたらいいのでしょうか?

【第1段階】
水銀を取り除くにはまず専門の歯科医に行きます。
そこで高出力の吸引機械、それから口の中を特殊なゴムで覆い、
水銀の破片が少しでものどに落ちないように処置します。
鼻から酸素を吸入し、水銀のガスをすわないよう徹底します。
もちろん、歯医者自身も酸素マスクをして
自分自身が水銀のガスを吸わないように予防します。

水銀除去


【第2段階】
歯の治療直後のDMPS(水銀中毒に使用される薬)によるキレートです。
DMPSのキレート療法は、自然療法専門医や
代替療法を行っている医療機関で受けることができます。
体内に蓄積した水銀と結合して、尿と便として
体外へ排出する働きがあり、水銀除去の直後に使用すると
より一層効果があります。

【第3段階】
尿検査です。
水銀は神経や内臓器官に蓄積される傾向にあり、
血液検査は体内に蓄積された水銀を測るのには
有効な検査方法ではありません。
そこでDMPS(水銀中毒に使用される薬)を注射し、
6時間尿を集めることで、体内に蓄積された水銀値を
正確に測ることができます。

【第4段階】
DMPS(水銀中毒に使用される薬)によるキレート治療です。
水銀は強い毒性があります。昔詰めた水銀は
少しでも早く取り除く必要があります。
なぜなら物を食べるたび、熱い飲み物を飲むたびに
詰めた水銀は溶けだし体に蓄積して、
徐々に体に被害をあたえていくからです。

映像はカナダのカルガリー大学が撮影したものです。
水銀が直接、短期間に神経細胞を破壊していくのがわかります。
特に神経を委縮する働きが確認されています。



ここで、特に注意しなければいけないのは、
水銀の取り扱いを知らない歯科医で水銀を取り除くと、
ドリルの回転で大量の水銀に被曝し、
余計に体に害が出るということです。
頭痛、体力の低下、筋力低下、もっとひどい場合には
繊維筋痛症、リューマチやその他の自己免疫疾患、神経障害を
後々発症する場合もあります。

水銀の蓄積を防ぎたい方は、
治療後にはDMPSのキレート療法を受けて
わずかでも吸収さてれてしまった水銀を、
体内に蓄積させるリスクを大幅に軽減してください。
そして尿検査で蓄積された水銀を測ってください。

アメリカではまだ水銀は歯の治療に使われています。
ほとんどの歯医者は、水銀の毒性について無知もしくは無視をしています。
一度体内に水銀が蓄積されると、自然には体外へ排除することはできません。
たまった水銀はDMPS,EDTAの注射によるキレート療法、
もしくはDMPS,DMSA,ゼオライトの経口による治療が必要です。













関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozawand.blog86.fc2.com/tb.php/63-155e063d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターサプリUSA

Author:ドクターサプリUSA
サプリメント先進国アメリカから、健康に関する情報をお届けします!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。