Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozawand.blog86.fc2.com/tb.php/70-78b4f073

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

うつ病

この記事をクリップ!
Buzzurlにブックマーク


うつ病の症状は様々です。
代表的なものに、
●食欲の低下による体重の減少
●または過食による体重の増加
●不眠または睡眠のとりすぎ
●体を動かしたくない
●娯楽に興味が無い
●性欲の減退
●疲労
●自分に価値が感じられない
●自己嫌悪
●罪悪感
●物事に集中できない
●死や自殺という考えが頭から離れない
等です。
どちらかといえば、
楽天的に見えるアメリカ人ですが
約2千万人以上が
うつ病に悩まされているということですから
多いですね。
そして3千万人以上が
抗うつ剤を処方されているそうです。

どうしてこんなにもうつ病が多いのでしょうか?

うつ病の原因は大きく分けて2つ。
1.精神的にどうしようもない状況に
追い詰められたときに起こり易くなる。

2.化学的もしくは生理的な原因。
代表例として神経伝達物質のセロトニンの低下、
甲状腺異常、更年期、不眠、副腎機能の低下、
低血糖、食品アレルギー、重金属、栄養不足、
薬(抗ヒスタミン、高血圧、ステロイド、抗炎症剤)、
アルコール、カフェイン、感染症など。

うつ病の治療で最も重要となってくるのは
心理カウンセリングです。
しかし、精神的なものが原因でないうつ病の場合は、
心理カウンセリングではなく原因を取り除く事です。
そして神経伝達物質のセロトニンの量を増やす事です。
殆どの抗うつ剤は、セロトニンに働きかけるものですから、
セロトニンを増やす方法として
生活スタイルを変える事によって
かなり改善できるそうです。

セロトニンの量を減らす代表例として

●喫煙
●アルコール
●砂糖、動物性たんぱく質の摂りすぎ
●血糖値の異常
●栄養不足

が挙げられます。

生活スタイルと食生活の改善は重要ですが
時間と根気が要りますね。
当座の治療として5-HTPとハーブのセントジョーンズワートが
セロトニンを増加してくれます。

【5-HTP】
セロトニンの前駆体で体内で70%がセロトニンに変化します。
一日3回、100-200mgを摂ると効果的です。
【セントジョーンズワート】
うつを含む精神障害に長年使用されてきたハーブで、
抗うつ剤と似た働きをしますし、はるかに少ない副作用で済みます。
300mgを一日3回摂ると効果的です。

そして運動です。
運動は一番重要で効果的なうつ病の治療かもしれません。
運動をする事によって、
不安症、うつ、疲労感が減少するだけでなく、
自分を前向きに評価できるようになり、
幸福感も増す事ができます。
定期的に運動をする事によって、
感情に直接影響する神経伝達物質を増やす事ができ、
ストレスホルモンを減少する事ができます。
また朝食を摂らなかったり
軽く済ませるとうつ病の傾向が多いようです。
これは血糖値の乱れと
栄養不足によるものだと考えられます。
バランスの取れた食事を三食とるのも
うつ病の治療の基本です。

特に冬にはビタミンDが不足して
季節性のうつ病を引き起こすことが多くなるそうです。
この場合ビタミンDを、
一日当り4000-6000IUを1ヶ月ほど摂取し続けますと、
快方に向かうそうですよ。

















関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozawand.blog86.fc2.com/tb.php/70-78b4f073

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターサプリUSA

Author:ドクターサプリUSA
サプリメント先進国アメリカから、健康に関する情報をお届けします!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。