Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozawand.blog86.fc2.com/tb.php/85-99aee472

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

高血圧2

この記事をクリップ!
Buzzurlにブックマーク


高血圧1からの続きです)

アメリカで高血圧と診断されると、
どういう治療の流れになると思いますか?

実は、すべての医学の教科書、医学雑誌、
専門書、医学協会で
ステージの低い高血圧の治療には
薬に頼らないで生活習慣、食生活の改善が
勧められているにも関わらず、
ほとんどの場合、
血圧降下剤が処方されるそうです。

驚きですよね。

治療現場では、
生活習慣改善が治療の中心ではなくて
血圧降下剤が処方される流れには
大きな理由があるそうです。

いったい、どういうことなんでしょうか?

これには、アメリカ国内で販売される、
血圧降下剤の年間販売額は1000億ドル以上、
日本円に換算すると約9兆円という、
製薬会社の圧力が
非常に強いことが原因なんだそうです。

それと、現代社会の風潮で、
なるべく面倒くさいことをしないで、
てっとり早く問題を解決したいというのも、
問題の根底にあるそうですよ。
確かに生活習慣、食生活を変えていくのは、
簡単なことじゃありませんよね。

では、アメリカで高血圧と診断されると、
どういう治療の流れになるのかという話に戻しましょう。

ほとんど場合、血圧降下剤が処方され、
一度薬が処方されると次第に増えていく傾向にあります。
通常、お医者さんは血圧をコントロールするのに
利尿剤を処方。
数年して効果が薄れてくると、
ベータブロッカーを追加で処方。
これも次第に効果が弱くなってくると、
ACE阻害剤かカルシウムチャンネルブロッカーを追加で処方。
こうして血圧をコントロールするために
3-4種類の薬を摂っている方も珍しくありません。
そして、高血圧の為に処方されたこれらの薬には
それぞれ違った副作用があるのも
知っておかないといけません。

利尿剤はカリウム不足を引き起こし、
倦怠感、筋肉疲労、痙攣や腹痛の原因にもなります。

ベータブロッカーは疲労、不眠、冷え、うつ病、
勃起障害を引き起こすこともあります。
勃起障害のために、バイアグラが処方されるのですが、
バイアグラは心臓への負担を一層増し、
状況をますます複雑で困難にしてしまいます。
長期にわたりベータブロッカーを摂り続けると、
糖尿病を発症させる危険性が高まります。

血圧降下剤を摂っている患者さんは、
副作用によりいっそう運動不足になり、
体重が増え症状が悪化していく傾向にあるそうです。

(高血圧3へ続きます。)









関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ozawand.blog86.fc2.com/tb.php/85-99aee472

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ドクターサプリUSA

Author:ドクターサプリUSA
サプリメント先進国アメリカから、健康に関する情報をお届けします!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。